通常の時間外労働(1日8時間または1か月40時間を超える部分の労働)は2割5分以上の割増率が適用され、また休日出勤については3割5分以上の割増賃金で計算されるという話を聞きました。では、休日出勤して、8時間以上働けば、8時間を超える部分については、2割5分+3割5分=6割増しの賃金で残業代が計算されるのでしょうか。

判例によれば、休日の営業時間が8時間を超えても、深夜業に該当しない限りは、3割5分増しで計算されます。よって、休日勤務の割増に、さらに通常の時間外の割増率が加算されることは行われません。

当事務所では、弁護士が毎日のように残業問題の相談に向き合っております。残業問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで