私の会社では、年俸制が採用されているせいか、残業代が支払われていません。社長は成果に対応して給料を支払うのだから、残業代支払は不要と考えているようですが、おかしくないでしょうか。また、年俸制について何か注意すべき点があれば教えてください。

年俸制をとっていても、もちろん残業代の支払いは必要ですので、社長の見解は勘違いです。
なお、例外的にですが、年俸額の中に残業代が含まれていると認められる場合は、支払うべき残業代は、実際の時間外労働時間に対応する残業代と、年俸額の中に含まれている残業代相当額の差額にとどまります。もっとも、年俸額に残業代が含まれていると認められるためには、その趣旨が契約上明らかで(契約書に明記されているなど)、かつ残業代相当部分と通常の賃金に相当する部分の区別が明確にできること等の条件が要求されます。
また、その他に注意すべきこととしては、年俸制においては、賞与額も含めて年俸額を定める場合がありますが、ここでの賞与額は、額が予め確定している点で通常の賞与とは異なっているので、残業代算定の基礎となる賃金に含めて計算できる点が挙げられます。

当事務所では、弁護士が毎日のように残業問題の相談に向き合っております。残業問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~21:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで