課長との話の中で残業の話が出ましたが、残業をするように命令したわけではなく従業員が勝手に残業をしているものなので、会社としては残業代を支払う必要がないと言われてしまいました。しかし、我々が残業をしなければ、仕事が回っていないのが現状です。私は残業代を支払ってもらえないのでしょうか。

企業側から「残業を命じていない、勝手にやっているだけだ」と主張してくることは、実は非常に多いケースです。これに加えて、事前に申請許可をしていない残業・休日労働である、という主張もなされます。これは、残業や休日出勤のたびに上司の許可を得ることが少ないため、このような主張をしてくるものと思われます。しかし、企業としては、そのような残業などが日常化していることを認識しているはずであって、残業・休日労働を黙認しているというのが事実であるといえそうです。
この点については、実際に業務上の必要性があって残業していたかどうかによって、残業代が発生するかどうかが決まります。実際には、必要があるから残業をしているのであって、パソコンを見てネット検索をしていたという場合などの例外的な場合を除いて、労働時間であると判断される可能性が高いと思われます。
ただし、ノー残業デーが設定されていたり、はっきりと残業を禁止されているのに隠れて残業をしていた場合は、労働時間であることが否定される場合がありますので注意が必要です(東京高判平成17年3月30日労判905号)。

当事務所では、弁護士が毎日のように残業問題の相談に向き合っております。残業問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで