私は、勤務先から要請されて、本来は休日であるはずの土曜日に出勤しました。しかも振替休日も代休も与えられませんでした。この場合は、休日割増で計算した残業代請求ができるのでしょうか。

原則として、休日割増はつきません。
休日割増の対象となる休日出勤とは、単に会社の休日に出勤した場合をいうのではなく、労働基準法35条の定める「法定休日」に出勤した場合をいいます。そして、労働基準法35条1項は、「毎週少なくとも1回」の法定休日を与えることを定めているのみです。ですので、たとえ土曜日に出勤しても、翌日の日曜日に休めた場合は、「毎週少なくとも1回」の法定休日は与えられているため、休日出勤したという扱いにはなりません。
この場合は、休日割増はつかず、通常の時価単価(その週の労働時間が40時間を超えない部分)または時間外労働の割増率(その週の労働時間が40時間を超える部分)で残業代が計算されます。


1時間当たりの給与額が1000円の従業員が、土曜日以外のその週の労働時間が37時間でかつ土曜日に8時間勤務したという場合


  1. 土曜日の勤務時間のうち、週労働時間が40時間を超えない部分
    40-37=3時間については、通常の時価単価のみで計算
    3時間×1000円=3000円の残業代が発生

  2. 土曜日の勤務時間のうち、週労働時間が40時間内に収まる3時間を除いた部分8-3=5時間については、通常の時間外労働割増(2割5分)をプラスして計算
    5時間×1000円×1.25=6250円の残業代が発生

  3. 土曜日の給与は3000円+6250円=9250円となります。


もっとも、単に土曜日を休日と定めているのではなく、土曜日を法定休日とする旨が、就業規則や雇入通知所等で定められていた場合は、土曜日の出勤は法定休日に出勤したものとして扱われ、残業代は全て休日割増率(3割5分)込みで計算されます。上記の例では、
8時間×1000円×1.35= 10800円
の残業代が発生します。

当事務所では、弁護士が毎日のように残業問題の相談に向き合っております。残業問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~21:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで